開業医の経営をサポート|初期投資の費用を抑える

男性
このエントリーをはてなブックマークに追加

飲食店には必要不可欠

飲食店を開業するには、必要なものがたくさんあります。厨房機器をはじめ、お客様に出す業務用食器も必要です。専門的に提供してくれる業者を探すことになります。これらの支援をしてくれる大手企業をバックにつけましょう。

起業のときに利用する流れ

宅配の専門業者として独立して起業するときに宅配コンサルタントに連絡をすると事業内容や地域選択についてと提案を受けることができます。そして、相談を経て利益が得られると見込めたら人材や資材の調達方法についても紹介してもらって支援を受けることが可能です。

医院開業成功のポイント

白衣の人

資金管理とノウハウ

少子高齢化が進む日本で、大手医療機関は患者が多く、対応機能を上回る患者過多の状態が慢性化しています。そのため、医師をはじめとする医療従事者が不足し、総合医療機関では医療従事者の労働環境が過酷なものとなっています。現在の医療は地域連携が行われ、開業医からの紹介で大手医療機関との連携が図られています。大手医療機関は高い医療技術があり、このことが医師の労働条件を厳しくし、独立開業する医師が多くなり、とくに地方で落下傘開業状態となり地域医療が拡充する一方で、開業医経営や大手医療機関の労働環境の問題が悪循環となっています。開業当初は大繁盛していても、そのポテンシャルを維持することが難しいと言われています。開業しても同じエリアで同じ科のクリニックが開業すれば、高齢患者の多くは家から近いクリニックを選んでいるのが現実です。開業医が経営難になるパターンは2つあります。設備投資費が過大な場合と人件費を含める固定費が過大になることです。中でも設備投資は深刻で、医院建設費や医療機器導入費です。家賃が掛かればなおさらです。飲食業などの場合、居抜き物件がコストを抑えると言われていますが、開業医の経営でも居抜き物件を利用するケースは増えてきました。CTやMRIなどの精密医療機器も新品の導入であれば、高額となるのですが、中古器であれば設備投資費の圧縮が可能です。競争激化で閉院する医院が多く、優良な医療機器が中古市場で販売されており、居抜き経営の側面では追い風となっています。初期投資が軽減できれば、経営が楽になります。

東南アジアで会社を作る

海外で会社設立をするさいにポイントとなるのが国の選択です。東南アジアであれば海外投資を積極的に受け入れているインドネシアなどが無難な選択肢といえます。特にインドネシアは日系企業も多く進出しているので、会社設立をサポートしてくれる業者も多く存在しています。